SS|【えすえす/Special Stage】

ラリーカーがタイムアタックを行なう閉鎖されたコースのことで、公道、サーキット、特設コースなど、使われる場所は様々。
いずれもラリーカーだけが走行を許され、一般の交通とは遮断されたコースである。

現在のWRCでは20か所前後のSSが設けられ、SSトータル距離は約400km前後。ひとつのSSの距離は短いもので2km、長いもので25km程度。
ただし、救急車を多数配置するなど、安全面などの措置が取られた場合は特例として50km以上の長いSSが行なわれることもある。

現在のWRCではで全てのイベントがこのSS方式を採用しているが、かつてのサファリラリーなどでは砂漠地帯を走行するためコース閉鎖が難しかったことから、コースを閉鎖しないCS(コンペティティブセクション)方式を採用していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年8月23日