三菱自動車水島製作所 見学記

修学旅行で倉敷市にある「三菱自動車・水島製作所」を見学してきました。
こちらは三菱生産台数のうちの約半分を生産する日本、いや世界屈指の工場です。
ランエボシリーズもこちらで生産されており、まさに私のようなエボリストにとっては、「聖地」であります!そのときの様子をこちらで紹介します♪

evo7-02

私の製作したエボVIIを、見学の記念品として水島製作所さんに贈呈させていただきました。
「すごいですねー。いい宣伝にもなりますよ。」と、とても喜んでいただいて、私もカンゲキ。

mmc_logotenji1
まず、展示ホールに入ると奥に大きな液晶パネルが!丁度エアトレックターボ関係の映像が入っていました。
右は、エンジンとトランスミッションが動く様子を実際に見られる展示物。今回は、ekワゴンなどに搭載されているタイプのエンジンとミニキャブ用のトランスミッションなどが展示されてました。

colt_001colt_003
三菱とラリーの出会いはここからでした。初代コルト1000Fです。これをボアアップして排気量1100ccにし、ラリー仕様に仕立てたのがコルト1100F。サザンクロスラリーで活躍を見せました。

debonair_001debonair_002debonair_003
こちらは、三菱が誇った高級車デボネア。高級車市場の中でも個性派だった一台。ボンネットにはスリーダイヤのマスコットが。シートはふかふかのモケットです。雨の日は大変そうな車両ですねぇ~(^^;

minica_001minica_003
今でも手軽な軽として活躍するミニカ。当時はこんなスタイルでした。^^

mizushima_001mizushima_002mizushima_003minica_mizushima
水島製作所の歴史ではずせないこの三輪車。戦後はじめてこの工場で製作された「みずしま号」です。自動車工場としての水島製作所はここがスタートでした。

工場内は残念ながら撮影は禁止ですので、様子をお伝えすることはできませんが、ちょうど北米輸出用の生産を行っていて、北米用にバンパー形状を変えたエボVIIIや、今は日本で販売されていないミラージュ、ランサーセディアがラインに流れていました。
エアトレック・スポーツギアも、ちゃんと北米名である、「アウトランダー」のステッカーが貼られていましたよ^^

エボの聖地でエボが出来上がるまでを見る。これほどエボファンにとってうれしいことはありません。この見学の後・・・記念品として、またお礼として私のエボを贈呈しました。

evo7evo7-01
いよいよエボの贈呈用意です。写真の左側は私。右側にいるのは友人のA’sくんです。富山から岡山までの大移動ですからしっかり梱包してきました。
左の写真は、前日のホテルで最終チェックを終えたエボVIIです。背景が鏡だったので、私も写っちゃってます(^^;

この様子は上の写真に続きます。本当に良い思い出となりました。
後日談になりますが、帰った後で、三菱のほうから中学校に電話があり、「是非名前入りで展示したい」との連絡が入りました。もう「聖地」からじきじきの連絡ですから、もう喜びで胸がいっぱい。「是非お願いします」と即答しました。

evo_sonogonews03
▲受付に展示してもらっています。   /  社内報(2003.7.1付・水島ニュース)にも載りました。▲

(ちなみに記事には「偶然にも」と書いてありますが実際には「必然」だったんです・・・。笑)

もし、水島工場に足を運ばれた方がいらっしゃいましたら、ご覧になってください。(ですけど、アラ探しはしないでくださいね~^^;;)

三菱自動車水島製作所の皆さん、本当にありがとうございました。m(__)m

このエントリーをはてなブックマークに追加