TOYOTA COROLLA WRC

001
003004005006

実車解説

セリカのリストリクター規定違反に伴う95年シーズンのポイント剥奪、96年の出場停止処分…。
TTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)は続く97年も参戦を中止し、新規定であるWRカーの新規開発により98年シーズンの本格復帰に照準を合わせていた。

―97年8月。
フィンランドラリーにテスト参戦したカローラWRCは、地元出身でのちプジョーのエースとなるマーカス・グロンホルムの手によっていきなりSSトップタイムを叩き出す。
表彰台こそ無かったものの、ライバル達に「TTEここにあり!」という存在感を強烈に見せつけることとなった。

エンジンはFIAの認可を受け、市販車のラインナップには無いセリカ用のターボエンジン・3S-GTEを搭載。
画期的だったのは変速機構で、『ジョイスティック』とよばれるセミATを採用。
ハンドル横に取り付けられたシフトノブでUP/DOWNを切り替えることが可能で、ワークスカーでもMTが主流の時代において他社に先鞭をつけた。
(しかし現在主流の電子制御式ではなく油圧式を用いたシステムだったため、当初はトラブルも多かった。)

フル参戦となった98年はエースドライバーのカルロス・サインツが開幕戦モンテカルロでトヨタに復帰後初の優勝をもたらしたのを皮切りに、7戦にわたり表彰台を獲得。
三菱のトミ・マキネンも同じく7度表彰台を獲得(うち5戦で優勝)し、もつれにもつれたこの年のチャンピオン争いは、最終戦グレートブリテンで決着がつけられることとなる。

まさに「一騎打ち」の様相を呈すグレートブリテン。詰めかけた多くのギャラリーが見守る中、ドラマは早くも初日に起こった。
SS5でマキネンが路面に漏出していたオイルでスリップしたのちコース脇にクラッシュ、あえなくリタイアとなってしまったのだ。

前人未到・3年連続のドライバーズタイトルがかかっていたマキネンを横目に抜き去ったサインツは、そのままトップグループで快走。
もはやこの年の選手権はサインツの手中にあると誰もが疑わなかった最終SSで、さらなるドラマが巻き起こった。

サインツ駆るカローラWRCが、突如としてコース上でエンジンブロー。
そのまま、二度と動き出すことは無かったのである。ゴール手前、わずか300m地点の出来事であった―。

ドアを蹴りつけ、ヘルメットをリアガラスに投げつけたコ・ドライバー、ルイス・モヤの怒りの横で静かにうなだれるサインツの姿は、ラリー史に残る悲劇の名シーンである。

作品解説

タミヤの1/24キットをベースに、ハセガワのキットからデカールやホイールを拝借してグレートブリテン仕様に仕上げました。
(やはり私はタミヤのワイドなボディのほうが好きなもので)

雨でドロドロにぬかるんだ地面を走るためグラベル仕様の足回りとなっていますが、舗装路のステージも存在することから車高はその他のグラベルイベントほど高くはありません。
タミヤの足回りはほぼそのまま生かしています。シーズン後半戦にはボンネット上のエアスクープ手前にフィンが追加されましたのでそれも再現し、
98年から分割式に改められたフロントスポイラーもグラベル用の小さいものをキットのものを加工して再現しています。

そのほかフロントグリルの周りの細かなグリルも開口し、裏からメッシュを当てています。
ちょっとしたことですが、キットのままくり抜かないよりも立体感が増した印象です。

この年のカローラはやはりゼッケン横のマーキングがイベント開催地ごとに変わってユニークなのですが、イギリスの雨をイメージした傘のマーキングがとってもかわいくおしゃれです。
ただ、ハセガワのデカールは劣化が進んでいて貼るのにはかなり苦労しました。サイドエアロやリアバンパーなどの一部も含めて、エアブラシや筆によるタッチアップをところどころに施しています。

corolla
実はこのタミヤのキットは、小学生の頃に一度作ったことがあります。
当時の作品はセリカを作った時に部品取りに使ってしまったため手元に残っていないのですが、十数年ぶりにきちんと仕上げることが出来て満足しています。

展示会出品歴

2014月8月 第2回関西オートモデラーの集い

TOYOTA CUSCO 86

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

実車解説

スポーツカーが冬の時代を迎えていた2012年、トヨタが満を持して市場に投入したFRスポーツ「86」。

国内トップカテゴリであるJN-4クラスや、低排気量のJN-1/2クラスでは徐々にベース車の世代交代が進んでいたものの、 ミドルクラスであるJN-3クラスは未だ10年以上前に発売された車種のエントリが多くを占めていた全日本ラリー選手権。 まさに「取り残された」カテゴリであるJN-3の条件に合致する86は、多くの自動車ファンのみならず、 国内ラリーストたちにおいても待望の一台だったと言えよう。
トヨタ・GAZOO RACINGからの直接的バックアップも受けていたLUCKチーム(愛知県)から開幕参戦した86だが、 発売前からサードパーティに設計図が公開され早い段階でパーツが充実したこともあり、新規参戦チームも含めて他チームもシーズン途中から追随。

「CUSCO」ブランドでおなじみのキャロッセからもマッドドッグこと三好秀昌のドライブで参戦が決定、 第3戦「がんばろう!MSCC福島ラリー2012」でデビューを迎えた。

86勢はこれまでエントリしていたインテグラやレビン、2011年に登場したプロトン勢と並ぶ一大勢力となり、JN-3は混戦模様に。
ターマックではFF車の軽快さについていけないシーンも見られたが、やはりベースが社を挙げて開発された最新マシン、まず“壊れない”ことが強み。 メカトラブルに見舞われたライバルを尻目にポイント係数の高いグラベルステージを確実に完走することで着実にポイントを重ねたCUSCO86は 途中参戦にもかからわず、初年度を2位で終える。

シーズン途中からはイメージキャラクター「高崎くす子」をボンネットにあしらい、メロンブックスチームとの「痛車対決」でも話題を呼んだ。
最終戦新城ラリーではその痛ラリーカーのパイオニア、メロンブックス・インテグラに破れたものの、最後までチャンピオンを争う名勝負を演じてみせた。

作品解説

当サイト、なんと3年ぶりとなる(!)公開作品は、全日本ラリー選手権参戦の最新マシンです。(本業の合間を縫っておよそ一週間で完成。)

実車が長期にわたる納車待ちで話題を呼ぶ中、5月の静岡ホビーショーで発表されたタミヤ/アオシマの模型キットも久々の「大型」新作キットとなりました。
今回は先に発売されたタミヤで製作を考えていましたが、パーツ構成上容易にバリエーションが効くアオシマをベースに製作。カスタム版のホイールが比較的ターマックステージで使用されたものに似ていた、というのが大きな理由ですが…。

内装も一応ジャンクパーツを使うなどしてそれらしく仕上げていますが、あくまで雰囲気です。取材車両(LUCK86)が銀色のインテリアだったため内装がシルバーになっていますが、クスコチームの86はインテリアも白が正解のようです。
シートベルトはTAKATAのグリーン。ミラーはキットのものをベースに削り込んでそれらしくしていますが、本当はステーも針金状になったレーシングタイプが正解です。

デカールはこの改造にあたり自作したもの。もちろんMDプリンタが活躍してくれていますが、いかんせんドライバがもう使えないんですね…WinsowsVistaのXPモードで無理矢理動かしていたのですが3年の間にOSをWin7に入れ替えたら我が家のHomePremiumにはXPモードが入っていない!

…展示会直前で非常に焦りましたが、それは力技でなんとか回避。(もう一台のVistaマシンを利用し、PDFデータで印刷出力)

赤/銀のラインは塗装による塗り分けです。デビュー時の印象は正直「ダサい」だったのですが、シンプルなカラーリングな分模型にすると映えるようですっかり気に入ってしまいました。くす子が追加になったことで寂しさが消えたせいでもあるかなと。

アオシマのキットは細かいバリエーション展開が利くのでラリーカーへの改造にもってこい、ではあったんですが…ロットの問題なのかなんなのか、金型の精度がこれまでのアオシマと比べると圧倒的に悪く、前/後のウインドウパーツがすんなりおさまりません(ランナーそのもののつっぱりで歪んだ?)。
その他にもいくつか難点は感じましたが完成してみるとタミヤの鋭いイメージに対してやさしい表情がよく出た好キットであると言えます。プロポーションも良いです。
そのうちライバル(年間チャンピオン)のメロンブックスインテグラと並べたいですね…せっかくなので…

展示会出品歴

2012年11月 オートモデラーの集いIN名古屋
2013年5月 第24回モデラーズクラブ合同展
2013年7月 第10回柏崎模型展

2012年11月25日 | カテゴリー : ,

TOYOTA CELICA GT-FOUR “Marlboro”

001
002003004

実車解説

Toyota Castrol Team Swedenから出走したラドストローム車。結果はリタイア。
当時はラドストロームのほか、フレディ・ロイクスがトヨタ・チームベルギーからこのマルボロカラーのセリカを走らせている。(マルボロはロイクスの持ち込みスポンサー)。

ST205セリカはトヨタ黄金時代を創った先代(ST185)の後を受けて華々しくデビューしたものの、のちにリストリクター違反によってトヨタワークス撤退のきっかけをつくってしまうことになる悲運のラリーカー。
大きくなったボディに翻弄された故の結論だったのだろうが、何故そんなことをしてしまったのか…日本のラリーファンにとっても今もってなお悔やみきれない出来事である。

作品解説

結果がリタイアだっただけに資料が無く、何人かの方々に提供していただいた情報だけを頼りにリアスタイルをフィーリングで再現しました。
(ところがデカールがスペースに収まらず全く違うことが判明。(汗))

タミヤのキットは市販車なので、内装はタミヤのST185セリカから流用しています。どちらのキットもいわゆる「バスタブ」方式(シャーシの上にトレイをのせ、パーツをくっつけていく感じのもの)なので、簡単に載せかえができますが、エンジンフードを開閉したいときには、干渉する部分を削る必要アリ。
インパネの形状など本来は思いっきり別モノですが、中は見えなくなってしまうので…そのままです。スピードラインの6本スポークホイールとルーフベンチレーターはジャンクのカローラWRC用のものを拝借。

デカールはスタジオ27製ですが、旧い製品のためカルトグラフ製ではありません。おまけにかなり硬くて扱いにくいです。蛍光色の部分は印刷の性質もあってか特にひどい。完成後「パリッ!」と割れてバラバラになってしまいました…要修正です。

一世を風靡した先代、先々代の流麗なスタイルと一転して無骨でクセのあるデザインがたたってか不人気街道まっしぐらだった市販車ですが、私は好きなんです。未だにこのGT-FOURは大事に乗っている人を多く見かけます。

※2009.1:画像を入れ替えましたが、ホイールが黄ばんできちゃいました。