TOYOTA COROLLA WRC

001
003004005006

実車解説

セリカのリストリクター規定違反に伴う95年シーズンのポイント剥奪、96年の出場停止処分…。
TTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)は続く97年も参戦を中止し、新規定であるWRカーの新規開発により98年シーズンの本格復帰に照準を合わせていた。

―97年8月。
フィンランドラリーにテスト参戦したカローラWRCは、地元出身でのちプジョーのエースとなるマーカス・グロンホルムの手によっていきなりSSトップタイムを叩き出す。
表彰台こそ無かったものの、ライバル達に「TTEここにあり!」という存在感を強烈に見せつけることとなった。

エンジンはFIAの認可を受け、市販車のラインナップには無いセリカ用のターボエンジン・3S-GTEを搭載。
画期的だったのは変速機構で、『ジョイスティック』とよばれるセミATを採用。
ハンドル横に取り付けられたシフトノブでUP/DOWNを切り替えることが可能で、ワークスカーでもMTが主流の時代において他社に先鞭をつけた。
(しかし現在主流の電子制御式ではなく油圧式を用いたシステムだったため、当初はトラブルも多かった。)

フル参戦となった98年はエースドライバーのカルロス・サインツが開幕戦モンテカルロでトヨタに復帰後初の優勝をもたらしたのを皮切りに、7戦にわたり表彰台を獲得。
三菱のトミ・マキネンも同じく7度表彰台を獲得(うち5戦で優勝)し、もつれにもつれたこの年のチャンピオン争いは、最終戦グレートブリテンで決着がつけられることとなる。

まさに「一騎打ち」の様相を呈すグレートブリテン。詰めかけた多くのギャラリーが見守る中、ドラマは早くも初日に起こった。
SS5でマキネンが路面に漏出していたオイルでスリップしたのちコース脇にクラッシュ、あえなくリタイアとなってしまったのだ。

前人未到・3年連続のドライバーズタイトルがかかっていたマキネンを横目に抜き去ったサインツは、そのままトップグループで快走。
もはやこの年の選手権はサインツの手中にあると誰もが疑わなかった最終SSで、さらなるドラマが巻き起こった。

サインツ駆るカローラWRCが、突如としてコース上でエンジンブロー。
そのまま、二度と動き出すことは無かったのである。ゴール手前、わずか300m地点の出来事であった―。

ドアを蹴りつけ、ヘルメットをリアガラスに投げつけたコ・ドライバー、ルイス・モヤの怒りの横で静かにうなだれるサインツの姿は、ラリー史に残る悲劇の名シーンである。

作品解説

タミヤの1/24キットをベースに、ハセガワのキットからデカールやホイールを拝借してグレートブリテン仕様に仕上げました。
(やはり私はタミヤのワイドなボディのほうが好きなもので)

雨でドロドロにぬかるんだ地面を走るためグラベル仕様の足回りとなっていますが、舗装路のステージも存在することから車高はその他のグラベルイベントほど高くはありません。
タミヤの足回りはほぼそのまま生かしています。シーズン後半戦にはボンネット上のエアスクープ手前にフィンが追加されましたのでそれも再現し、
98年から分割式に改められたフロントスポイラーもグラベル用の小さいものをキットのものを加工して再現しています。

そのほかフロントグリルの周りの細かなグリルも開口し、裏からメッシュを当てています。
ちょっとしたことですが、キットのままくり抜かないよりも立体感が増した印象です。

この年のカローラはやはりゼッケン横のマーキングがイベント開催地ごとに変わってユニークなのですが、イギリスの雨をイメージした傘のマーキングがとってもかわいくおしゃれです。
ただ、ハセガワのデカールは劣化が進んでいて貼るのにはかなり苦労しました。サイドエアロやリアバンパーなどの一部も含めて、エアブラシや筆によるタッチアップをところどころに施しています。

corolla
実はこのタミヤのキットは、小学生の頃に一度作ったことがあります。
当時の作品はセリカを作った時に部品取りに使ってしまったため手元に残っていないのですが、十数年ぶりにきちんと仕上げることが出来て満足しています。

展示会出品歴

2014月8月 第2回関西オートモデラーの集い